加賀獅子頭贈答

加賀獅子頭の歴史・特徴

金沢の獅子舞

加賀獅子は天正11年藩祖前田利家公が金沢城に入府の際、御前に獅子舞を演じて祝ったのが由縁となり、代々の藩主の奨励と町人文化の発展に影響されその豪華さは天下隋一となりました。 それから祭礼などで、各町村が競って獅子舞を演ずる風習は、加賀名物の代表と言われています。
その特異な威容によって、男子出産や還暦の魔よけ、厄払い、立身出世の象徴としても盛んに愛玩されるようになりました。
桐の一刀彫に金箔を施し、カヤをかたどった敷布は加賀友禅とまさに金沢工芸の集大成です。